ココナッツオイルで理想の体を手に入れよう

男性

コレステロールや他の効果

サプリメント

ココナッツオイルはダイエット効果や便秘解消効果が高いことで有名ですが、他にも高い効果があります。それはコレステロール値を下げるという働きです。一般的には油を摂取するということは脂肪を摂取するということなので、中性脂肪が高まることでコレステロール値を上昇させます。しかしながら、ココナッツオイルはその主成分を中鎖脂肪酸としていることからコレステロール値を上昇させることはまずありません。なぜこのようなことが可能なのかというと、そのメカニズムは次のようになります。つまり、中鎖脂肪酸が代謝を促進させて善玉コレステロールを増やす一方、悪玉コレステロールを減らす役目を果たすのです。似ている油としてはオリーブオイルがあります。

ココナッツオイルは糖尿病の改善効果もあります。糖尿病になる人の特徴は肥満体であることです。通常よりも体重と脂肪が多い人がなりやすいのが糖尿病です。それではこの糖尿病をもたらすものは内蔵脂肪の蓄積にあるといっても過言ではありません。ココナッツオイルは中鎖脂肪酸のためこうした内臓脂肪の蓄積を抑制する効果があるのです。これはサラダ油と比較すると明瞭な違いがあります。サラダ油の場合は過剰摂取すると内臓脂肪がたまりやすいです。他にも体に良い影響を与えてくれます。さらに、心臓血管疾患になりにくくしてくれます。これは動脈硬化の原因になる可能性もありますので、中高年世代にとっては非常に嬉しい効果です。このようにいろいろな効果を持つのがココナッツオイルです。